週末キーボーディストの備忘録

あんまり音楽の話はしません

新社会人のあなたに観てほしい3本の映画

こういうのやってみたかったんです。

というわけで特集企画。

 

負けるな新社会人! この記事で紹介する3本の映画を観ておけば

 

・新生活への向き合い方

・仕事術 

・電話の取り方

 

にもっと自信が持てるぞ!

1.『パディントン』~熊に学ぶ新生活~ 

janper.hatenablog.com

 

パディントン』の主人公・パディントンは期待を持ってロンドンにやってきますが、

人々は冷たく、酷い孤独を味わいます。

 

だけど、優しい一人の女性に救われ、彼女の家族たちと共同生活を始めます。

 

とはいえ、ジャングルで生活してきた彼に都会での生活がうまくいくはずもなく、

失敗ばかりをして周りに迷惑ばかりをかけてしまいます。

 

そんなパディントンも彼の純粋さと優しさが功をなして

次第に周りに認められるようになっていきます。

 

高校や大学でも新しい環境に入っていくという事を経験してるでしょう。

でも学生から社会人になるという事は大分雰囲気が違うと思います。

 

高校や大学って、まわりも初めて同士って場合が多いけど

社会人って基本的に周りはそれなりの関係が既に出来上がってるからね。

そこに飛び込んでいくわけですよ。

 

だから、すぐに溶け込むなんて難しい事ですよ。

人間関係って徐々に構築されてくもん。

 

でも、真面目にやってれば次第に受け入れられますから。心配しない!

 

あと、どんな環境に入って行っても自分の良さを見失わずに

持ち続けられると非常に良いですね。

 

 

2.『オデッセイ』~火星人に学ぶ仕事術~

 

あらすじ:

火星に置いてけぼりにされた男のサバイバルと、

彼を救出しようとする仲間たちの奮闘劇を描いたSF。

 

主人公・ワトニーはNASAの宇宙飛行士。

植物学者でメカニカル・エンジニア。そしてユーモアも持ち合わせている。

正直、スーパーマンです。

 

だからといって「自分とは違う」と突き放さず、

この作品から学んで欲しい事はたくさんあります。

 

仕事をする上で一番大切なことって何でしょう。わかりますか?

 

私自身、社会人は2年以上やってますが正直わかりません。

ただ、大事にしなきゃいけない事っていうのは確実に持っています。

 

例えば、目標設定、現状把握、スケジュール管理、

トラブルへの対応の仕方、ストレスや不安との戦い方の大切さ。

周りのとのコミュニケーションの大切さ。

 

これ全部この映画に出てきます。

 

でも、それ以上に印象的なのは一つ一つ問題を解決して前進していくワトニーの姿。

 

どれだけ優秀な人でも予想外のトラブルには巻き込まれます。

ただ、そこですぐにあきらめず自分にできる事を探しましょう。やりましょう。

 

仕事のやり方を覚える事もそうだし、

本を読んだりして勉強する事もそうだし、

体を動かして体力をつける事もそうだし、

どんなことでも確実に自分の力になっていきます。

 

知は力なり。力もカなり。

 

そうして身に付けた力が、一歩一歩前進していく上で確実に力になります。

 

今まで頑張ってこなかった人は尚更ね。

自分はそのクチなんでだいぶ苦労してます・・・。

 

あと、ストレス解消法ね。

 

火星に取り残されたら、

船長の趣味の懐メロを聞くかじゃがいも数えるかぐらいしかないけど、

地球の日本で過ごしている私たちには何でもありますから。

 

自分の好きなこと・趣味を楽しむことも忘れないように。 

 


映画「オデッセイ」予告Z

 

 

 3.『ポリス・ストーリー』~ジャッキーに学ぶ(?)電話番~

 

急に30年前の映画かよ!とか思ったあなたにこそ観てほしい。 

 

あらすじ:

チェン刑事(ジャッキー・チェン)と悪い奴らの戦い。

 

 新社会人が一番最初にやらしてもらえることって電話番が多いと思います。

正直これが怖いんですわ。最初なんて出方とかわからないし。

 

会社名も聞き取れないし、話者の名前もうまく聞き取れないと思います。

またこれが聞き直してもゴニョゴニョ言う人がいるんですよね~。

そういう人に限って聞き直すと怒ったりするし。

 

この映画にはジャッキーが警察署で電話番をするシーンが出てきます。

しかも同時に3本も4本も同時に対応しちゃう。

 

正直だいぶラフな対応なんでで実際そのまんまやったら確実に怒られます。

 

ただ、相手の要望を把握してどんな対応すれば良いかっていうのが大事なんです。

向こうの電話口にいるのも人間なんです。

 

電話番なんて慣れれば楽勝なんで、この映画を反面教師にどんどんやってみましょう。

 

あとジャッキー・チェンすきなおじさん多いから観とけば話題になるかも。

 

 

 

番外編:「ミセン~未生~」~サラリーマンはつらいよ~

 

あらすじ:

学歴無し・まともな職歴無しの26歳の青年チャン・グレは

母のコネで大手商社にインターンとして採用される。

しかしコピーの取り方ひとつわからない彼を待ち受けていたのは社会の洗礼だった。

 

まさかの韓国ドラマ。

ただ、正直めちゃめちゃ面白い。

 

26までにまともな経歴を作ってこれなかった青年が主人公というだけで

私的にはもう感情移入しまくりなんですけど、それだけじゃない。

 

働いている人みんな問題にぶつかってんの。同期も上司も。

例えばセクハラやパワハラ。取引先の嫌がらせ。

何かしら琴線に引っかかる箇所があると思います。

 

何より主人公が最初は何もできないんだけど、

努力でそれを覆していくところに感動するし勇気をもらうよね。

 

それで上司や同期にも認められていくし。

 

仕事に多くを求めてはいけないと思うけど、

このドラマを見ると自分の仕事や生き方に物語性を持たせられると思います。

 

5/4追記:

なんとこの「ミセン」日本でリメイク化が決定いたしました。

主演はHey! Say! JUMP の中島裕翔。

邦題は「HOPE~期待ゼロの新入社員~」。

主人公以外のキャストも大事な作品なので脇をだれが固めるかがとても気になる。

個人的には営業3課の課長は柴田恭平にやって欲しいです。

 

www.youtube.com