週末キーボーディストの備忘録

あんまり音楽の話はしません

映画感想:007 スペクター

いつもながら新宿ピカデリーにて観賞。
スクリーン5番。
満席でした。
 
~あらすじ~
先代Mの遺言を受け、
ある男を追っていたジェームズ・ボンド
裏に巨大な組織があることに
気づいたボンドは組織に迫っていく。
 
あれ?『007』ってこういうアホ映画だったかも?
知らないけど多分そうだわ!っていう感じでした。 
 
女を口説き落として、
敵のヒントを得て
なんやかんやで大爆発。
 
それをリピート。
 
なんか新鮮でした。
 
今回のボンドはもう「ジェームズ・ボンド」っていう大前提というかね。
「いや、これが007ですから!様式美!」みたいなね。
 
正直『007』シリーズファンでもない僕からしたら「は?」という感じでした。
 
自分が殺した男の葬式にいってその未亡人と寝ちゃうって何なの。
何カッコつけて銃を預けて敵の施設に堂々と入ってくの。
ほらやっぱつかまっとるじゃんからのギネス認定の大爆発。
etc...
 
まあでもスケールが大きいから画としてはやっぱすごいんだよなぁ。
 
それにしてもオーベルハウザーの小物感。
過去3作の裏で手を引いていたとは思えないね!
そもそもボンドを苦しめる事を目的としてるところがちっさいわ。
 
クリストフ・ヴァルツは好きな役者ですけど、
もっとイケメンですらっと長身の方の人が良かったな。
中身以外はボンドに引けを取らない感じで。
 
スカイフォール』のシルヴァは見た目がアレだったけど
そういうところでうまく表裏一体になっていました。
 
あと、ボンドの兄弟同然の存在だったという設定も必要なの?
表裏一体感がほとんどなかったし、拗らせてる感も弱かったよ。
ボンドの内面を掘り下げるわけでもないしさ。
キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー』的なの期待してた。
 
ただ、最後の勝負のつけ方はカッコよかったわ。ベタだけど。
 
過去の恨みにとらわれているオーベルハウザーと
過去から解き放たれたボンドっていう対比。ここは良かった。
オーベルハウザーを殺すこともできるのにあえて撃たずに去っていくボンド。
ちょっと「古畑任三郎」感あったわここ。野球場から去っていくやつ。
 
単純に敵を倒すだけじゃなくて、そういう内面的なところで打ち負かすの最高です。
「選択」がどうのこうのは唐突過ぎて不要だけど。
 
アホくさと思う箇所は多数ありましたけども、
やっぱりダニエル・クレイグはカッコよすぎますわ。
あの青い瞳な。
 
レア・セドゥはセクスィーでした。
正直ずっとおっぱいが気になってた。
 
 次回作はどうなるの、マネーペニー君。
 

 

2015年公開

監督:サム・メンデス

脚本:ジョン・ローガンほか

出演:ダニエル・クレイグ レア・セドゥ クリストフ・ヴァルツ

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は週一ペースでコンスタントに
記事をあげていきたいです。

『007 スペクター』の感想を今書いてます。

昨年の映画ベストも現在作成中。
アクセスが稼げそうなうちにアップしたいです。

乞うご期待。

映画感想:スター・ウォーズ フォースの覚醒

12月19日に日本全国同時公開の回で観てまいりました。

場所は新宿ピカデリー。

1番大きなスクリーン。もちろん満席でございました。

 

基本観た人にしかわからない感想だと思います。

ただ、ネタバレはあります(ゲスな笑顔)。

 

~あらすじ~

『帝国の逆襲』から30年後。

最後のジェダイルーク・スカイウォーカーは姿を消し、

帝国の残党が組織した「ファースト・オーダー」が不穏な影を広めつつあった・・・

 

新主人公たちが凄い良かった。

旧シリーズだとルークやアナキンが一人で背負っていた役割を

それぞれに分散しているから物語に深みが出てました。

 

特にお気に入りは勿論レイちゃん。

 

かわゆす~。

ただひたすらにかわゆす~。

結婚したい。

 

演じているのはデイジー・リドリーちゃん。

健気な田舎娘感が堪らないっす。

もうひたすら応援しちゃうよね。

 

それまで孤独であった少女が自分を必要としてくれる人々と出会い、

新たな道を進むことを決心する勇気にはを感動せざるを得ない。

 

終盤のフィンのおでこにキスするところは『セーラー服と機関銃』ぽかったよ。

あんまり深読みすると自分がダークサイドに落ちる結果が見えるのでやめておく。

 

汗かきフィン君も応援したくなったね。

レイもそうだけど人間味が凄いあるんだよね。

彼の物語はどこか『波止場』っぽい。

 

最初はとりあえず悪の側にいるんだけども、

正義にそれこそ「覚醒」して悪に立ち向かっていくっていうね。

 

ポーからジャケットを受け継ぐというのも映画的。

『波止場』でもジャケットが正義の象徴として受け継がれる描写がありました。

今回はストーリーテリングをここから彼が担いますという意味もあったと思います。

 

フィンがポーと再会した際に

「それ俺のジャケットやんけ!でもお前良い奴だからやるよ!」

と言われるところはどこか感動的。彼の成長を感じるシーンであります。

 

ルークのライトセーバーも似たような感じで色んな人の手に。

あれ『帝国の逆襲』でルークの手ごと切られてどっかに落っこちたやつだよね?

べスピンの空中都市から落っこちたと思ってたんだけど拾った人偉いね。

 

ちょっと脱線しました。

 

フィンについてだと、

スターキラー基地で

かつての上官キャプテン・ファズマにそれまでのうっ憤を晴らすように

高圧的な態度になるところは笑いました。

こういうユーモア好き。

 

ポー・ダメロンも最高ですね。

彼は主人公の一人とは言えないと思いますが、

優秀なパイロットとしての役割をルークやアナキンから受け継いでおります。

(血筋ではなく、映画的な役割としてね)

 

惑星タコダナ(これが「高田馬場」が名前の由来の惑星?マズ・カナタの城のとこ)

での無双っぷりは気持ち良すぎて鳥肌立ちました。

黒い専用機に乗っているのもシビれる。ブラック・ワン!

 

あと忘れちゃいけないのはカイロ・レン君だね。

 

ブラスターのビームを空中に固定するという、

今までのシリーズで観たことない技を見せて期待感からの後半の失速感。

こいつ弱いんじゃないの?っていう。

 

「父殺し」なところは映画的とか言われそうだけど、

今回はその関係性の描写が弱いから微妙だな。

ノベライズが出たら補完されたりすんのかな。

もしくはEP8以降になっちゃうのか。

 

途中まで「お、これ説得できるやつなのか?」と思ってたら

レイとフィンが現れて「あぁ・・・」と絶望しました。

 

でもまだソロ船長の生死はわかんないからね!

キャプテン・ファズマがひそかに助けてて脱出してた説提唱するから!

レイアが頭抱えてた?知らんわそんなもん!

 

カイロ・レンはこの後どうなるんだろうな。

罪もない人結構殺してるっぽいし。

旧3部作のベイダーの役割なのかな。

 

かわいそうな人ではあるけども、同情はできないなー。

 

 

ここまで書いていて改めて思ったけど、

新しい要素の所が凄い良かったんだよなぁ。

 

もちろんシリーズとして受け継がれてきたところも良かったですよ。

登場人物しかり、色んなデザインしかり。

ルークもハン・ソロもレイアもスクリーンで観たの初めてだから興奮しましたよ。

あとアクバー提督

 

ただ、そういった『スター・ウォーズ』的な要素ではなく、

ちゃんと新しい所でこの作品は闘いを我々に挑んできた意欲的な作品だと思います。

 

新3部作であれほどファンたちを引きつけたCGも今回控えめで

むしろ地球のどこかだとわかるようなシーンも多かったですよね。

 

ハン・ソロの死なんて今後のストーリー展開の上で楽しみでしかないよね。

過去の遺産で勝負できるところを切って来たんだから。

 

この流れでいうとレイちゃんはスカイウォーカーの血筋ではないほうが嬉しいな。

スカイウォーカーの血筋だったらそれは『スター・ウォーズ』すぎるじゃん。

そうじゃない所で「フォースの覚醒」が起きててほしいな。

 

最後になりますが、みなさんが気になっているであろうことを・・・

 

マズ・カナタの城で

フィンが船に乗せてくれと頼む赤いマスクを被った男。

彼の名は「キャプテン・イサノ」!通称”真紅の海賊”!

きっとEP8以降で活躍するよ!

 

パンフレット(限定版)も買いましたので

それも別途でレビューしようかな。

 

フォースと共にあれ。

 


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告

 

2015年公開

監督:J・J・エイブラムス

脚本:ローレンス・カスダン J・J・エイブラムス マイケル・アーント

出演:デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ アダム・ドライバー ハリソン・フォード

映画感想:グリーン・インフェルノ

毎週更新しようと思うんだけどしんどいっすな~。

コンスタントにブログ書いてる人ってホント凄いわ。

 

今回は新宿武蔵野館にて鑑賞。

都心だとここぐらいの上映だからか、満席。

若い人が多かったです。

 

~あらすじ~

大学一年生のジャスティンは慈善活動を行う学生グループに勧誘され参加する。

 

早速、彼女は学生グループのリーダー・アレハンドロが企画した

アマゾンの森林伐採を止めて現地の部族を守る計画のため、

グループの仲間とともにペルーの奥地に向かう。

 

アレハンドロらは国連弁護士であるジャスティンを囮にすることで、

森林伐採の卑劣さをスマートフォンを通じて世界に発信することに成功するが

アレハンドロへの不信感を持つジャスティン。

 

グループの仲間らとともにアマゾンの森林から飛行機で帰ることになるが、

飛行機のエンジンが突如爆発して飛行機は墜落し、多くの仲間が死んでしまう。

 

生き残ったジャスティンらも現地に住む部族に捕えられてしまう。

 

しかし、捕えられた仲間の一人が無残にも殺され、彼らに食されてしまう。

 

そう、彼らは人を喰らう食人族だったのだ。

 

 

自分たちが助けようとしていた部族にペロリされちゃうとは。

このプロットは面白いと思いました。皮肉効いてる。

昔の食人族系の映画もそういうの多いんでしょうか。

 

ただ、思ってたより食人族がクソ野郎どもというか。

 

フツーにモラルレベルの低い野蛮なやつらなのでは?

 

だって、拷問とかして楽しんでんだよ。

単純に食べる為だけに人殺してるわけじゃないんですよ。

楽しんでる風にも見れるんだよなぁ。

 

そこはなんか合理的な殺し方とか

最後まで儀式にのっとって殺すとかちゃんとルールが欲しかったな。

そうしないと文明人のほうがモラルあるように見えるわ。

ここはリアリティを感じませんでした。

 

あと、捕まった女の子が豪快にウ〇コするとこ観て爆笑してんだよ。

ひどいよね。女の子だよ。結構可愛かったよ。

もうモリモリだと思うよ。音凄かったもん。

 

食べられる大学生たちに「ざまぁみろ!」みたいな意見を

ネットで結構見るけど食べられた奴らそんなに悪いことしてたかな・・・

してても人殺す方が遥かに上でしょ・・・

 

「ざまぁみろ!」的なこと言ってる現代人コエー!

友達になりたくねー!

 

「ウソ」も怖いと思いました。

 

主人公が最後部族の少年の助けで逃げて生き延びるんだけども、

国に帰って「あの部族はいい人たちでした。人食べません。」みたいな

感じで擁護しちゃうんだよね。

少年への感謝かな?わからないけども。

 

ただ、この事件のきっかけがすべて「ウソ」にあるんですよ。

森林伐採止めようっていうのも金がらみだったんですよ。

そのせいで飛行機に爆薬仕掛けられてたんですよ。

 

「ウソ」がなにか悪い事の連鎖を生み出すってよくあることだけども、

それを「ウソ」で止めようとするっていう悲しさ。

しかも最後ばれちゃうし。

 

救いが無いな、この映画。

思ったよりも真面目な内容。

でもちゃんとジャンルものとしても成り立ってるわ、凄い。

好きじゃないけど。

 


イーライ・ロス監督作『グリーン・インフェルノ』予告編

 

2015年公開

監督:イーライ・ロス

脚本:イーライ・ロス ギレルモ・アモエド

出演:ロレンツァ・イッツォ アリエル・レビ

映画感想:コードネーム U.N.C.L.E.

 

新宿ピカデリーにて鑑賞。

座席は8割程度の埋まり具合だったと思います。

 

~あらすじ~

1960年代、東西冷戦下。

CIAのエージェント、ナポレオン・ソロヘンリー・カヴィル)。

KGBのエージェント、イリヤ・クリヤキンアーミー・ハマー)。

 

敵対関係にある2人だが、核兵器を用いて世界を破滅に追い込もうとする国際犯罪組織の陰謀を阻止するためにコンビを組まされ、

組織と関係のある科学者の娘・ギャビー(アリシア・ヴィキャンデル)とともに任務に挑む。

 

この映画凄い好きだなあ。

 

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

『キングスマン』

と素晴らしい2本のスパイ映画が公開されましたけども、

そのどちらとも違う魅力があると思います。

 

上の2作と大きく違う所は舞台となっている時代。

 

1960年代を舞台にしているから、

街の風景やファッションは勿論の事、

スパイ映画には欠かせないガジェット類も

アナログだけども洗練されているかっこよさがあります。

 

また、本来ならば敵同士の2人が

助け合う展開になるところも良かったです。

 

仲良しコンビではないから、

なぜお互いを助けあうのかという所も

説得力がないといけないと思いますが、

本作は割と具体的にその理由がわかったように思います。

 

一番はお互いの境遇だと思うんですよね。

ともに組織にいやいやながら所属しているというところ。

しかもそれが逃れる事の出来ない呪縛の様な感じ。

お互いそれを知ってるからね。

 

最後の展開は組織への反抗感もあって爽快でした。

 

ソロの部屋に入ってきたクリヤキンに酒を勧めるところって

ソロが敵にやられた事をやってるんですよね。

 

そこでクリヤキンが酒を飲まないという所は

キャラクター描写として優秀だと思いました。

 

ガイ・リッチー監督って

シャーロック・ホームズ』がわりとホモホモしい感じでしたが、

今回はほとんどそういう感じがしませんでしたね。

 

だから本作を「ブロマンス」って騒いでる人は

ただ「ブロマンス」って言いたいだけでしょ。

 

ホモホモしさを期待して観ると肩透かし喰らうと思います。

むしろ、クリヤキンとギャビーの恋愛模様にドギマギですよ。

 

ギャビー役のアリシア・ヴィキャンデルは可愛いですね~。

iphoneのCMに出てたような気がします。

 

終わり方は最近よくある続編を匂わす感じですが、

今回の話は今回ので終っているし全然気にならないです。

 

あと、

言わずもがなガイ・リッチー監督の演出は

スタイリッシュでカッコいい。

 

頭のカーチェイスからも使われている

俯瞰 → ズーム(被写体A) → 俯瞰 → ズーム(被写体B)って

ワンカット(って言っていいのか)で魅せるののカッコいいなぁ。

 

同時進行で色んな事が起こっていることを示すときの

画面を何個にも分けるのはマンガみたいでしたね。

 

スローモーションは今回あったかな?

あんまり意識してなかったから覚えてないけど

多分無かったと思います。

 

映画館で観た方が楽しいのは間違いないけど

多分これはDVDで観ても楽しい!(無責任)

 


映画『コードネーム U.N.C.L.E』特報【HD】2015年11月14日公開 - YouTube

 

2015年公開

監督:ガイ・リッチー

脚本:ガイ・リッチー ライオネル・ヴィグラム

出演:ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー

映画感想:マイ・インターン

マイティ・ソー ダーク・ワールド』の時は

インターン」は「助手」って訳されてた気がするな。

 

新宿ピカデリーにて鑑賞。

1番大きなスクリーンで満席でした。
観客はもちろん女性が多め。
 
~あらすじ~
会社を定年退職し、妻にも先立たれて久しいベン(ロバート・デ・ニーロ)。
何にも縛られない生活にも飽きてきた彼は、自分の居場所を求めて
ここ数年で爆発的な成長を遂げたファッションサイト運営会社の
高齢インターン採用へ応募し、見事に採用される。
 
女社長ジュールス(アン・ハサウェイ)は自身の多忙さもあり
最初は彼と距離を取っていたが、人生経験豊富なベンの仕事ぶりや助言を貰う内に
次第に彼を信頼していく。
 
キャットウーマンつながりじゃん。
 
『マラヴィータ』で夫婦役だったな。
 
はい。
 
みんな役にハマってました。
 
 
もの凄いキャリアを歩んできた人だから
ベンという引退したベテランという存在に
とても説得力がありました。
 
車の運転をする姿も
同僚と拳を合わせる姿も
スーツをビシッと決めてるところも
女性を口説くところも
彼が今までに演じてきた人物を
想起せざるを得ないです。
 
女性から見た理想の男性ってこういう感じなんでしょうかね。
とりあえずハンカチは毎日ちゃんと持参しようと思いました。
 
アン・ハサウェイは相変わらず綺麗だなあと。
 
仕事を頑張ってるがゆえに私生活が疎かになっている女性、
というキャラクター自体には正直目新しさはないけど
嫌みがないキャラクターだから応援したくなるんですよね。
 
ほかの人物もそうだけど、「悪い人」っていうのが出てこない。
あの運転手とか結構ネックになるのかと思ったら早々に退場しちゃうし。
 
 ただ、こんな綺麗な奥さんがいても浮気する旦那は許せん。
最後のやり取りとか「信用できね~」って感じでした。
 
浮気とかにはさすがのベンもうまい事アドバイスできないというのは
妙にリアリティがありました。
 
あと、根本的な会社の問題は結局解決してないよね。
この後どうするんだろう。
 
サヨナラ。
 
 

映画感想:ピッチ・パーフェクト2

ゴキゲンワーゲン。

 

ビ〇チではございません。

ピッチのパーフェクトの2弾でございます。

 

「ピッチ・パーフェクト2」の感想です。

TOHOシネマズ錦糸町にて鑑賞。

客席は若い女性が多かったです。

こういうの好きなの?

 

ーあらすじー

バーデン大学の女性アカペラチーム「バーデン・ベラーズ」は

ケネディセンターでのオバマ大統領を前にしたパフォーマンスの際に

大失態を演じ、部の存続危機に直面する。

しかし、大学王者である彼女たちには世界大会への出場権があった。

名誉挽回のために奮闘するメンバーだったが、様々な困難が彼女たちを襲う。

 

続編ということで

基本的な骨子は前回と変わらず。

 

重要なところで失敗 → 

名誉挽回のために大会で優勝目指す → 

新人が入ってくる → 

その過程で衝突と仲直り → 

より強固な絆になって大会で優勝

 

今回はメインメンバーの卒業がストーリーにも関わってきますが、

新人が入ってきたから、また彼女を中心にパート3以降作れますね。

 

ちなみに唯一の新人役は

トゥルー・グリット』のヘビに噛まれた子やくでおなじみ、

ヘイリー・スタインフェルドちゃんです。

親しみやすいかわいらしさがあります。

 

今後のシリーズ(あるか知らないけど)では、

彼女が中心になるかもしれません。

 

「ダス・サウンド・マシーン」の登場とか、

ベッカ(アナ・ケンドリック)のインターンの様子とか

その他の新要素もありますが、先に書いた通り基本焼き直しです。

 

だから正直「こいつまだこんなことやってんのか」感とかありました。

特にベッカ。また、自分の中にこもっちゃう。

さすがに今回はそれやらなくてよかったんじゃないでしょうか・・・

 

新ライバルも前回の「トレブルメーカー」の代わりだし。

ちなみに「トレブルメーカー」は今回完全に噛ませ犬です。

男だけのアカペラチームが活躍するシーンが少なくてちょっと残念です。

むしろ今回全体的に男性サゲの印象。監督がおフェミなのかな?

 

ただ、見せ方として良いなあと思う所は結構ありました。

 

アカペラだけで勝負していなくなっていたベラーズが、

根本的なところに立ち返る過程は見せ方うまいと思います。

 

その過程で衝突と仲直りがあるわけなんだけども、

卒業後の進路についてそれぞれが語り合うシーンは特に感動。

 

明るいだけでない未来でも、仲間たちの絆は永遠。

そう思える仲間がいるって最高だなって思った。

青春だな!

 

キャストがおばちゃんになってるようにも思ったけど!

 


「ピッチ・パーフェクト2 」予告編 - YouTube

 

2015年公開

監督:エリザベス・バンクス

脚本:ケイ・キャノン

主演:アナ・ケンドリック